トピックス

Topics



令和4年5月

 今年度も若手技術者がオンラインで『土木工学入門教室』を受講しています。


 弊社は若手技術者の雇用を目的とし、普通高校からも採用を行っています。学校で土木を学んでいない人は、土木技術に対して潜在的な不安があります。これを早く取り除いてあげることが成長と組織への定着に役立ちます。

 その支援として、今年度も「技術マネジメント研究所」が主催する「土木未修学社員等のための土木工学入門教室」をオンラインで入社2年目の社員1名が受講しています。講義は4月から9月までの期間の平日、全12回 9:40~16:10の時間帯で開催されます。


♦受講者のコメント

受講風景

 私は現在、土木のオンライン研修を受けています。この研修会では土質力学、コンクリート工学、水理学、構造力学、構造物設計の五つの科目について学びます。私は普通科高校出身で土木に関しては全く知識がないのでこの様な機会があるのはありがたいことです。

 研修は学校の授業と同じく、ノートを取ったり講師の方の指導のもとで教科書に載っている問題を解いたりします。

 正直なところわからない事ばかりですがしっかり勉強し、頑張って行きたいと思います。



令和4年5月12日

 釧路商工会議所主催の「くしろ合同会社説明会」に参加しました。

 (会場:釧路市観光国際交流センター)


 5月のゴールデンウイークが過ぎ、釧路市内では蝦夷山桜や千島桜が開花し今が丁度見ごろです。説明会当日は薄曇りの肌寒い日でしたが多くの学生と生徒が参加し、希望する各会社のブースを回って就職担当者の説明を聞いていました。

 参加者は釧路市内の大学、短大、高専、専門学校の学生及び高校生ですが、その中でも釧路管内8校の高校生約180名の参加がありました。

会場全景 会場山下ブース

 弊社のブースへは釧路公立大学生と江南高校生の2名が説明を聞きに来て、具体的にどんな仕事の内容なのかとか、測量調査では色々な工種の現場があることに興味を持たれた学生もいました。




令和4年5月9日

 会社駐車場の千島桜が開花しました。


 日本で最も遅いエゾヤマザクラの開花宣言! 5月8日に釧路地方気象台が発表 1月11日に那覇市でヒガンザクラが開花し、約4か月かけ北上して最後の釧路に到着。

 会社駐車場の一角に約26年前に根室から移植した千島桜、樹齢40年位になる千島桜は6日に開花し、連休明けの9日には満開に、今年も綺麗に咲いてくれました。

さくら全景 さくら近景

 数年前から「さくら守の会」から4月末に完熟牛糞堆肥を購入して施肥、年々元気になったような気がするのは気のせいか? 毎年楽しみの一つです。(社長)




令和4年4月4日

 新人くんが『新入社員研修会』に参加しました。


新入社員研修会風景

 今年度入社した新入社員1名が釧路センチュリーキャッスルホテルにおいて(社)北海道中小企業家同友会くしろ支部 主催の『2022年新入社員研修会』に参加しました。(参加者30名)

 内容は、1.基調講演「これから働く皆さんに伝えたいこと」、2.社会人基礎力を学ぼう!(執務姿勢と応対の基本)、3.コミュニケーション研修の三つの研修で行われたようです。

 新人君から「今回の新人社員研修会を通して、社会人としての行動を改めて知ることができました。今後もこの講演で学んだことを活かして行動が出来るように頑張ろうと思います。」と感想をいただきました。



令和4年3月14日

 災害に備えて「備蓄品」を用意しました。


 文部科学省が発表した「全国地震予測地図(2020版)」によれば、今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率について、北海道南東部や仙台平野の一部、首都圏、東海~四国地域の太平洋側及び糸魚川-静岡構造線断層帯の周辺地域などで高い確率を示しています。

 このことから、いつどこで地震が発生してもおかしくないことが分かります。地震大国日本では、どこに住んでいても地震に見舞われる可能性があります。



備蓄品01

 弊社でも、災害の規模にもよりますが、一般的にライフラインの復旧や救援物資の到着まで最低3日はかかると言われていることから、飲料水・保存用食料品・カセットコンロ・毛布などを備蓄しました。(発電機は装備済)



備蓄品02

 また、備蓄品を消費しながら保存する方法(ローリングストック)を実施し、災害時でもおいしく飲めて、食べられるよう管理して行きます。



備蓄品03

 災害が起こらないことを祈りながら、継続し備えて行きたいと思います。





令和4年3月12日

 マイナビ2023に登録しています。下の「マイナビ」ロゴマークよりエントリーして下さい。




令和3年6月18日

 社屋廻りと社屋沿道の清掃作業を行いました


 地域に根ざした社会貢献の一環として、今年も社屋廻りと社屋沿道の清掃作業(草刈り、ゴミ拾い等)を行いました。

 今年は、社員の多くが業務の現場作業で出動していて少人数での清掃作業であったため、いつもより時間はかかったようです。

清掃作業風景1 清掃作業風景2

 作業をしていただいた社員の皆様は、ありがとうございました。




令和3年6月

 若手技術者がオンラインで『土木工学入門教室』を受講しています。


 弊社は若手技術者の雇用を目的とし、普通高校からも採用を行っています。普通高校では測量や土木に関して学んでいないことから、会社が所属する協会等が主催する研修会や講習会に積極的に参加してもらい専門知識の習得や資格取得を目指しています。

 今年度は「技術マネジメント研究所」が主催する「土木未修学社員等のための土木工学入門教室」がオンラインで開校されたことから、受講費用は会社負担で入社3年目の社員1名が受講しています。講義は5月から10月までの期間の平日、全12回 9:40~16:10の時間帯で開催されます。


♦受講者のコメント

受講風景

 この研修では土質力学、コンクリート工学、水理学、構造力学、土木構造設計について学びます。私は高校で土木に関することを学んでいなかったので、この研修を受けることになりました。

 今回の研修はコロナの影響のためオンラインで行っています。会社の配慮で講義に集中できるように会議室の片隅に机を用意してもらいました。

 研修は高校の授業みたいで、ノートを取ったりグループに分かれて話し合いをしながら問題を解いたりして学んでいます。講師の方も優しく教えてくれます。実際に問題を解きながら行うので、とても覚えやすいです。

 まだ研修は始まったばかりで学ぶことも多く大変ですが、頑張りたいと思います。



令和3年4月16日

 巨大地震を想定した防災避難訓練を行ないました。


避難場所へ移動風景

 今回は、事前に案内した避難訓練でしたので社員の皆さんは安全に素早く行動ができました。避難に要した時間は約3分で各階部署毎の責任者から統括責任者(社長)に避難人数と想定被災概要が報告されました。


避難場所集合風景

 千島海溝沿いの巨大地震の発生で大津波警報が発令されたことを想定した避難訓練で、実際は会社から400m登った徒歩約6分の浦見公園が指定避難場所ですが、今回は会社駐車場に避難をしました。

 令和元年6月に防災マニュアルを作成し社員に配布周知していますが、いざ災害が発生した時にはマニュアル通りには行きません。心と行動の備えは必要です。


災害本部被害状況報告風景

 避難訓練後は、災害対策本部を社長室に設置し、被害状況の情報収集とその後の対応会議を行ない、ホワイトボードに各部署毎の責任者が想定した被害状況を記入し、避難訓練実施後に気が付いた事を発表してもらいました。普段では気が付かない事も実際の避難訓練を行うことで気が付く事が何点かありました。


発電機確認風景

 そして、災害による停電を想定し発電機による電源確保の確認も行いました。


 社員の皆さんは、今日の訓練を参考に改めて、日頃の準備も含めて防災について考えてほしいと思います。



令和3年4月6日
注意を呼び掛け風景

 春の全国交通安全運動(4月6日~15日)に合わせて釧路市と釧路総合振興局、道警釧路方面本部、釧路警察署などの関係機関が4月6日釧路市観光国際交流センターで合同出動式を行いました。

 釧路市役所前の歩道では、釧根測量設計業協会の役員・事務局長5名で参加(コロナ禍人数制限し実施)交通安全の標語が入った黄色い旗を持って走行する車に注意を呼び掛けました。



令和3年3月24日

 令和3年度 安全大会・技術研修会を開催


 弊社では、来年度に向けての安全大会と技術研修会を 3月23日・24日の2日間に渡り開催しました。


消毒

 新型コロナウィルス感染拡大予防対策として、机・椅子の消毒そして発表者壇上にはアクリル板を設置し、当然ではありますが受講社員の入室時ではマスクの着用・手の消毒をしてもらいました。

 そして、密着・密接・密閉回避のため会議室のキャパを考慮し、一日で可能な日程ではありましたが受講者人数を2グループに分けて二日間の日程で開催し、休憩時間では室内の換気を徹底し行いました。


 安全大会・技術研修会は専務の進行により社長の開催挨拶に始まり安全大会4名、技術研修会7名の技術者で発表が行われました。

 安全大会では、現場での安全装備、注意しなければいけないこと等の発表があり、交通安全講習では動画が流され受講社員の皆様は真剣な表情で受講されていました。

 技術研修会では、詳細な業務内容が分かり、業務作業上苦労するところ等も知ることができ、とても有意義な研修会となりました。

技術研修風景 安全大会風景

 発表された技術者の皆さんは資料作りから慣れない発表等、大変お疲れさまでした。



令和3年2月22日

  3月7日 マイナビ建築土木セミナー北海道会場に参加します。


  当社では、令和3年3月7日(日)に開催されるマイナビ就職セミナー建築土木北海道会場に参加いたします。


開 催 日 令和3年3月7日(日)
開催時間 12:00 ~ 17:00
開催場所 札幌パークホテル3階
(札幌市中央区南10条西3丁目1番1号)

  弊社はこれまで培ってきた経験と技術をもとに新たな技術と知識の研鑽に努め、若手技術者の雇用と育成、技術の継承を図りながら成長する企業をめざし社会の信頼に応えていきます。

  営業種目は公共測量調査、土木設計、補償業務、情報処理、道路等の維持管理点検、建築設計監理等です。学生の皆さん、ぜひ当社のブースに立ち寄って、担当者とお話しませんか。お待ちしております。


ブース設置見本
(ブース設置見本)


令和3年1月28日

 『北測協フォトコンテスト2020』受賞作品が発表されました。


 北海道測量設計業協会では、初の試みとして働く人の姿をテーマに「フォトコンテスト2020」の作品募集を行いました。

 1月27日に受賞作品が発表され、会員企業9社86作品からシバタ技術コンサルタンツ(苫小牧市)西裕司さんの『ドラマチック測量』がグランプリを受賞しました。他の20作品も各賞に輝きました。

 受賞した作品の構図は基より撮影テクニックそして付けられたタイトルには感銘を受けました。受賞された皆様おめでとうございます!


 ▼受賞作品は同協会のホームページのトピックスで公開しています。

http://hokusokukyo.or.jp


令和3年1月19日

 社屋沿道に 1月19日から続いた大雪によりロードヒーティングとの境にできた氷の段差の除去作業を社会貢献の一環として 4人の社員で行いました。

 氷の段差は 15cm以上になっていて非常に危険な状況でした。作業区域両端には人や車の誘導員として一人ずつ配置して安全第一で行いました。

氷割り作業風景2 氷割り作業風景1

 作業をしていただいた社員の皆様に感謝を申し上げます。



令和2年10月16日

 釧路工業高等学校工事現場見学会を開催


 令和2年10月15日に釧路建設業人材育成連携会議 主催による釧路工業高等学校工事現場見学会が開催されました。

 釧路工業高等学校の生徒は2班に分かれて参加、そして弊社から社長と3名の技師が参加しトータルステーションによる測量を実施説明をした。

説明作業風景 測量作業風景

 (株)まつやコンサルタンツさんがドローンによる測量を実施説明、そして釧路工業高等学校卒業生の4名から白崎建設(株)さん、村井建設(株)さん、(株)郡土木コンサルタントさん、 網走開建道路設計管理官(付)洞 奈津子様がそれぞれが自分の仕事の内容や進路を決めるための心がけなどの話をした。

先輩卒業生からのお話風景 ドローンからの風景



令和2年9月18日

 釧路工業高等学校から1名のインターンシップ受け入れを行いました


 令和2年9月16日(水)から9月18日(金)までの3日間の日程で北海道釧路工業高等学校【建設科】から1名のインターンシップの受け入れを行いました。

 会社概要・コンサルタント実業務等の説明、釧路出身の建築家「毛綱毅曠」氏の作品展示会見学、CADソフトを使用しての図面データ作成等を行いました。

説明作業風景2 説明作業風景1

 今回の体験を進路選択に活かして、自分に合った就職先を見つけてください。




令和2年8月17日

 『恋のトータルステーション』が「イチオシ!!」で紹介されました。


 令和2年7月2日に取り上げた 測量Boyz の『恋のトータルステーション』が 8月11日にHTB「イチオシ!!」で紹介されました。

 測量の仕事が分かりやすく説明されていますので、是非ご覧ください。


 ▼HTB 8月11日「イチオシ!!」で放送

https://www.htb.co.jp/selections/


令和2年7月2日

 測量Boyz が『恋のトータルステーション』を初リリースしました。


 若い世代に測量業界に関心を持ってもらおうと北海道測量設計業協会が、業界で働く男性技術者4人組でつくる「測量Boyz」を立ち上げ、イメージアップ第1弾として、仕事をPRする音楽動画を制作、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開しました。

 「即、両(測量)想いになれるはずもない 君と僕の座標はインテリジェント基準点 気づいて」片思いの恋がテーマの曲で20個以上の業界用語を随所に交えて歌います。


 測量Boyzは北海道測量設計業協会が札幌市の会員企業の中から20~30代の社員を選び昨年1月に結成。約1年がかりで曲作りや映像収録を行い今月1日に公開しました。


 北海道測量設計業協会では若手の確保が課題となっている中「測量のことを知らない人たちの間でもこの動画が話題になればうれしい」と話しています。


 ▼恋のトータルステーション(highbitrate)/測量Boyz(ソクリョウボーイズ)

https://www.youtube.com/watch?v=6n8sPOy882c&feature=youtu.be


令和2年6月12日

 6月に入ると草花もぐんぐんと成長してきました。

 社屋廻りの緑地の草丈も30cmほどに伸びて、そろそろ刈り時かなと思っていたところ、社員から12日金曜日の午後から内勤の社員で草刈り作業をやりますと内線連絡がありました。(感謝)

 当日は釧路市内としては結構暖かく、時々日が差す程度の薄曇りで22度位、軽作業にはちょうど良い気候である。

 10名が参加し、草刈り機3台で3班に分かれて作業開始です。1班は市道と道道の歩道部で約180m。ここは車両も通るので網ネットを付け小石跳ねに注意、車両が近づくと「車 来た!」作業ストップとなる。 ちょっとした地域貢献活動!

清掃作業風景2 清掃作業風景1

 他の2班は社屋廻りと会社裏側の少し離れた資材庫側に分かれて作業、全体面積は600㎡(180坪)とけっこう広い。

清掃作業風景4 清掃作業風景3

 私の担当は社屋敷地内の駐車場に植樹している「千島桜」と「イチイ」の下草刈りです。スズランや名前の解らない草花もあることから、しゃがんだ姿勢で少しずつ雑草を手で抜いたり、 手鎌で刈ってなんとかきれいになりました。刈り取った草はそのまままとめて根本に積み上げて完了(ちょっと手抜きかな) 良い汗を流しました。(^_^;)

イチイ 千島桜

 社員の皆様、お疲れ様でした。また9月頃にお願いします(記事:社長)



令和2年4月23日

 「新型コロナウイルス対応マニュアル」を作成しました。


 弊社は、3月初めに政府から感染拡大防止の対応方針が示されたことや北海道から「緊急事態宣言」が発令されたことを受け、当社関係者及び役職員の健康と安全性を考慮し、必要な情報として予防対策等の情報資料等を社内回覧、掲示、ホームページに掲載を行なうなど、感染予防に努めてきました。

 最近の感染状況を見ますと新たなステージに突入しているものと考え、新年度業務もスタートしていることから会社として事業継続に向けた対応マニュアルを作成しました。今後も新型コロナウイルス感染症の状況に応じ、日本政府の方針や社会全体の情勢を踏まえながら必要な対策を実施してまいります。


 4月29日から5月10日迄の期間につきまして、ほとんどの従業員に休暇を設けさせていただいております。また、営業等の渉外活動も自粛を行っております。


 お取引様各位には、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


 感染症対策にご尽力されている政府および自治体の皆様、医療関係者の皆様に心から敬意を表します。


対策マニュアル


令和2年4月20日

  ニュース:改めて、新型コロナウイルス感染症対策のお願い。

 昨日の北海道の新型コロナウイルス感染者が27名と報告があり、徐々に感染拡者の増加傾向がみられます。改めて日常業務の注意事項を下記のとおりとするので、ご協力をお願いします。

 (1) 密閉空間、密集場所、密接場面という三つの条件を回避する。

 (2) 数名が集まっての業務打合せは、可能な範囲で広い空間で行うこと。

  ①例えば、3階会議室で一定の距離を置き、対面は避ける。

  ②プロジェクターを活用する。

  ③窓を開け換気を良くする。

 (3) パソコン画面上で説明を要する場合は、2台のモニターの内1台を対面に向けるなどの工夫を行う。

 (4) 打合せ時には、マスクを着用する。

 (5) 咳エチケットを徹底する。

 (6) 手洗い、うがいを行う。

 (7) 身のまわりのものを消毒する。(机上、パソコンキーボード、マウス、携帯、スマホ、他)



令和2年4月16日

  ニュース:首相が全国に「緊急事態宣言」を発令。

       13都道府県を「特定警戒都道府県」に指定。

 安倍晋三首相は16日夜 新たに40道府県に対して新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別処置法に基づく「緊急事態宣言」を発令しました。

 さらに東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫・福岡の7都府県と北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都の6道府県に対し「特定警戒都道府県」に指定、ゴールデンウィークに向けて地域の移動を極力抑えること、大規模イベントを呼び込まないようにすること、圏外への移動を控えることを呼びかけるよう要請しました。

 釧路管内においても更に感染者が確認されています。当社として引き続き感染予防に向けた対応の実施にご協力をお願い申し上げます。



令和2年4月13日
清掃作業風景

 社屋廻りと社屋沿道の清掃作業を行いました。

 この活動は社会貢献の一環として実施しているもので、今回は社員18名で歩道の清掃等を行いました。


清掃終了全員集合

 集められたゴミは8袋にもなりました。

 肌寒い中清掃作業をしてくださった社員の皆様ありがとうございます、そしてお疲れ様です。



令和2年4月8日

  ニュース:首相が7都府県に緊急事態宣言。

 安倍晋三首相は7日 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別処置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令しました。

 対象地域は、感染が拡大している東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫・福岡の7都府県で北海道は除外されましたが、北海道知事は5月6日まで「集中対策期間」と定め緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を避けることや、対象地域からやむを得ず道内に来た人は2週間外出を控えてほしいと呼びかけました。

 また、新たな感染者が連日2桁の人数で確認されるなどした場合、再び道民への外出自粛要請を検討すると述べました。

 釧路管内においては4月4日以来感染者が確認されていませんが、当社として引き続き3月2日のお知らせ通り実施のご協力をお願い申し上げます。



令和2年4月7日
新人研修風景

 新入社員3名が入社しました!

 今年度の入社式は新型コロナウイルス感染症の予防対策により、社員一同に集まっての開催は中止とし、社長室において社長から採用辞令交付とお祝いの言葉がありました。

 今年は技術部に男子1名と女子1名、管理部に女子1名がそれぞれ配属され当社社員としてスタートを切りました。

 辞令交付後に事務手続きが行われ、その後はさっそく5日間の新入社員研修がスタートしました。初日は新入社員としての社会人マナーや社内ルールなどの基本事項、官庁委託業務について入札から電子納品までに関する受託業務の流れ、会社諸施設の見学説明などが行われました。

 2日目からは測量機械の基本操作や部署ごとに分かれパソコンを使用した実務研修が行われました。新入社員が入ると会社の中が明るくなったように感じます。新入社員の皆さんの今後の成長に期待しています。

 それから、新入社員歓迎会もコロナウイルス感染予防から中止となりましたが、ささやかですが社長からケーキの差し入れがあり小さくお祝いされました。



令和2年3月2日

  ニュース:新型コロナウイルス感染予防に向けた対応のお知らせ。

 この度、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府から対応方針が示されたこと及び北海道から「緊急事態宣言」が発令されたことを受け、当社としても当社関係者及び役職員の健康と安全を考慮し、次のとおり強化することとしましたのでご理解とご協力をお願い申し上げます。

(実施概要)

 1.原則禁止とする行動【3月15日まで】

  ① 会議やイベント等への参加や開催

  ・不特定多数の人が参加する会議やイベントの開催

  ・社内外の不要不急の懇親会等

  ② 37.5度以上の発熱等風邪症状のある日の出社。また出社後に発熱等の体調不良があった場合の勤務

 2.社内行動【3月中】

  ① マスクを購入出来ていない希望者人への無償配布

  ② 外部の人との打合せ会議等にはマスクの着用(鼻と口全体を覆う)

  ③ 話しづらい聞取り難い等で気にされた場合は「予防対策なので」と伝え理解を得る

  ④ 外出先から戻ったら玄関に常設している「アルコール消毒液」で手全体の消毒

  ⑤ 手洗い、うがいの実施。実施後は十分に水を流し清潔な状態を保つ

  ⑥ ドアノブ、電話、机上、事務用品等の適時清掃

  ⑦ 来客者が社内に入る場合は手の消毒とマスク着用のお願い(玄関内ドアに掲示)

  ⑧ マスク着用をお願いしていることから来客者へのお茶・コーヒーの提供の中止(応接室テーブル等への掲示)

  ⑨ 社内共用掲示板にコロナウイルス感染予防パンフレットの掲示



令和元年12月11日

 弊社は、北海道グリーン・ビズ認定制度の「優良な取組」部門に登録し、環境にやさしい企業として環境に配慮した取り組みを実施しています。


 [ 「優良な取組」部門 ランク☆☆ 登録 ]

 有効期間:令和元年12月10日~令和4年12月10日

登録済通知書


令和元年9月13日
ドローン証明書と技術員

  今回私は、ドローンの資格を取得するために、JUIDA認定の釧路ドローンスクールの講習を受けました。

  講習では、ドローンの操縦や安全管理についてなど、たくさんのことを学びました。たくさんの種類のドローンも見せてもらうことができました。 ドローンを飛ばすのは初めてでとても緊張しました。講習期間が4日間という短い時間の中で行われた試験に、合格することができて良かったです。



令和元年8月7日
研修風景

  令和元年8月6日(火) 営業廃止となった太平洋石炭販売輸送㈱臨港線において最新3Dレーザーによる「産業遺産としての知人貯炭場石炭桟橋」の計測作業研修会と データ解析および公共測量マニュアル(案)等解説セミナーが開催されました。

  国内に現存する石炭桟橋はこの1ヶ所のみで、戦中の建物を「産業遺産」として後世に残し、図面化や模型など様々な活用法を模索していくようです。



令和元年7月29日
学習風景

  令和元年7月28日(日) 釧路市国際交流センター大ホールにて「くしろキッズタウン2019」が開かれ、釧路市内・釧路町内の小学3・4年生を対象に働いてお金を稼ぐ楽しさを学んでもらいました。

  当社から補助員として2名が参加、こども達に教える難しさを体験したようです。



令和元年7月17日
講座風景

  令和元年7月16日(火) 釧路合同庁舎裏玄関広場にて「標茶中学校出前講座」を行いました。

  釧路開発建設部 施設整備課担当者より、生徒に資料を配布し座学を行いました。当社からも技術者が測量器械を用意し体験学習を行いました。



令和元年5月30日
リニューアルされた社屋玄関先

  4月から始まった社屋玄関の改修工事がようやく完成しました。工事期間中は出入りに不便はありましたが、ドアや壁、階段などが一新され、広々とした使いやすい玄関になりました。

  また、社名看板も新しくなりました。階段にはロードヒーターもつき、これからは冬期間も安全に出入りできます。



平成31年4月26日
講習風景

  新館3F会議室で、弊社佐藤技術顧問を講師に「社内継続学習」を実施致しました。


  今回の学習内容は、技術士・RCCM資格取得に向けた試験対策講習です。

  当資格は、建設コンサルタント業務において重要な資格で、管理技術者として業務を実施するには必要不可欠な資格です。

  講習は一日かけ行い、合格への重要ポイントとし各問題への対処方法・解答例や効率的な学習方法等について学習しました。

  弊社では、ここ3年連続でRCCM試験に合格しておりますので、今年度も合格を期待しております。


  講師及び学習参加者の皆様、お疲れさまでした。



平成31年4月6日

  4月14日 マイナビ 道内UIターンセミナー札幌会場に参加します。


  当社では、平成31年4月14日(日)に開催されるマイナビ就職セミナー道内UIターン札幌会場「道東エリア」に参加いたします。


開 催 日 平成31年4月14日(日)
開催時間 11:00 ~ 16:00
開催場所 ホテルロイトン札幌

  建設コンサルタント(土木設計、測量、各種調査、補償業務など)のお仕事に興味のある学生の皆さんは、是非、当社ブースにお立ち寄りください。



平成31年3月6日
ボーリング見学・研修風景

  会社駐車場擁壁工事に伴うボーリング作業を若手技術者2名を含む社員4名で、作業者の方から作業工程等の説明を受け見学を行いました。

  普段なかなか見ることのできない作業なので、若手技術者は特に勉強になったようです。


平成30年1月9日

 新年あけましておめでとうございます。 道東地方の年末年始は、2日と3日に少し雪が降った程度で、比較的穏やかな天候がつづきました。 弊社は例年通り、4日 に社長の年頭挨拶の後、三本締めで新たなスタートを切りました。


 [ ISO9001:2015年版 登録 ]

 平成29年11月20日~21日に、ISO9001:2008年版からISO9001:2015年版への移行審査を受け、2017年12月23日に登録されました。

ISO登録証

平成29年10月16日

 弊社は2017年7月20日に「シートベルト着用100%宣言運動」に賛同し、全席シートベルトの着用推進に積極的に取り組んでいます。


[ シートベルト しめる心が身を守る ]
宣言書 シートベルトイメージ

平成29年8月25日

  星槎道都大学から美術学部建築学科女子学生1名のインターンシップ受入れを行いました。8月22日(火)から8月25日(金)までの4日間の日程で、初日の午前中 は会社業務概要の説明から始まり、3日間は内勤で主に実務的なPC処理を体験して頂きました。

  最終日は天候にも恵まれ、市内の建築工事現場2箇所と既存建築物4施設の見学を行いました。ほとんど現場に出ることのない弊社女子社員2名も一緒に出発。


建築家「毛綱毅曠」氏の代表作「反住器」

 釧路出身の建築家「毛綱毅曠」氏の代表作「反住器」の見学では、偶然にも先生のご家族が東京から来られていて建物内部を見学させて頂きました。 文献のとおり三つの入れ子状態の造りでした。ほんとうに稀な貴重な機会であり、この学生は何か持っているかも?と思わされましたね。


釧路建設会館の工事現場視察風景

 釧路建設会館の工事現場視察では、設計監理業務を行っている武田建築設計事務所の協力を頂いて岩本氏から完成模型や設計図の事前説明を受けた後、 暑い日差しの中、ヘルメットと作業服に身をつつみ、外部枠組足場を3階まで上って屋上のスラブと梁の配筋状況を見てもらいました。


 参加者は皆、貴重な体験をしたと感想を話していました。 各施設関係者及び武田建築設計事務所の皆様にこの紙面をお借りしてお礼申し上げます。 (代表取締役社長 山下)


平成29年6月3日
お花見会・焼肉パーティ風景

  昨年に続き「お花見会・焼肉パーティ」が24名+2(社員の子)の参加で開催されました。前日からの雨はあがりましたが、当日はあいにくの強風と曇り空、 肌寒い一日となり、屋外では無理と判断して社長宅の二連車庫内での開催となりました。食材テーブルには、肉・魚介・野菜・生ビール・飲み物コーナーが設置され、社長の乾杯の音頭でスタート。好き 好きに網焼き、鉄板焼きで地元食材を堪能し、子供の笑声や笑顔で一日を楽しみました。準備、後片づけ等で協力してくれた方々、お疲れ様でした。ありがとうございます。


平成28年8月6日
焼肉パーティ風景

  親睦行事として焼肉パーティを開催、日頃の業務から離れて焼肉・ビールを堪能しました。幹事の方々、いつもありがとうございます。


平成28年6月27日
草刈り作業風景

  弊社は、地域に根ざした社会貢献の一環として、社屋沿道の清掃作業(草刈り、ゴミ拾い等)を定期的に行っています。


平成28年6月4日
花見会風景

  親睦行事として花見会を開催、天気には恵まれませんでしたが、おいしい焼肉とビールを沢山いただきました。


▲ 戻る